<< 月例供養祭、明後日です!! | home | 世界一怖い顔のワンちゃん >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

大事件前に動物虐待


また行われていました。

先月、千葉県柏市で2人が死傷した連続通り魔事件を覚えているでしょうか?

産経ニュース 2014年3月6日

この犯人が犯行以前に猫やウサギ、ハムスターを虐待していたことが分かってきています。

世間を震撼させた大事件の凶悪犯の多くが、動物虐待からスタートし、大事件へと発展しています。言わばシグナルです。



こちらをご覧下さい。

東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件
犯人である宮崎勤は、幼女を殺害する前に、犬や猫を虐待・殺害していた。

佐賀(西鉄)バスジャック事件
犯人(17歳)は過去に猫虐待あり。

神戸連続児童殺傷事件(酒鬼薔薇聖斗事件)
加害者(14歳・中学生)は犯行の前にハトや複数の猫を殺害していた。

長崎男児誘拐殺人事件
加害者(12歳・中学生)は、犯行の前に動物虐待が見られた。その内容は子供を殺害した同じ駐車場で、犬を投げ捨て前足を骨折させていたり、小学校の卒業文集では犬の死骸の絵を描いていたり等の記録が残されている。

附属池田小事件
犯人の宅間守は過去に犬や猫の殺害をしていた。

奈良市小一女児殺害事件
犯人の小林薫は過去に、近所の犬を良く蹴っていた。

家族の一員になっている犬や猫、又は物言えぬ弱者である小動物を痛めつける又は殺害する行為は決して許し難い行為です。

すでに動物愛護先進国アメリカでは、凶悪犯の多くが幼少期や青年期に動物虐待の経験を持つという調査が終了しています。日本もこれを率直に受け止め、幼少期や青年期に動物虐待を行う行為は、自分自身を抑制できない心の病や生命軽視の症状としてとらえることにより、事件の防止や尊い命が一つでも消えずに済むのではないかと思います。

過去にも紹介しましたが、インド独立の父、マハトマ・ガンジー氏のお言葉です。

The greatness of a nation and its moral progress can be judged by the way its animals are treated

国の偉大さと道徳的発展はその国における動物の扱い方で分かる



また私どもが連携している国内最大級のペット葬儀社平和会ペットメモリアルさんのお言葉
 



動物を愛する心は、世界を平和にする


 

我々人間のルーツは、太古の昔、自然に囲まれ、動物と共に暮らしていました。我々人間は、元々動物を愛する心を自然と備えていると思われます。それが殺傷や虐待となれば、やはり不自然な心ではないではないでしょうか。


よろしければポチッにほんブログ村 その他ペットブログ ペット葬儀・ペット霊園へ全国ペット葬儀ブログ人気ランキング挑戦中

 

おおぞら 携帯電話用ホームページ

おおぞら パソコン用ホームページ


 

Posted by どうぶつセレモニーおおぞら | comments(0) -

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
おおぞらホームページへ
『どうぶつセレモニーおおぞら』のホームページへ
愛犬の年齢計算機
愛猫の年齢計算機
全国ペット葬儀ブログ ランキング挑戦中 ↓ ポチッとクリック
全国ペット葬儀・ペット霊園ブログへ
PROFILE
LINKS
OTHERS