<< おおぞらブログがスマホで見やすく | home | 動物あいごパネル展 2013 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク | - -

避難所のペットちゃんOKに−環境省


前回のNHKニュースに次いで、災害時のペットちゃんの同行避難についてです。

 避難所のペットOKに=自治体向けガイドライン作成−環境省
                          2013年5月11日 時事通信

 環境省は11日、地震などの災害時に被災者が避難所や仮設住宅にペットを持ち込むことができるよう、自治体に受け入れ体制の整備を求める方針を決めた。今月中に受け入れのガイドラインを作成し、自治体、関係機関に配布する。

 東日本大震災では、避難所への持ち込みを拒まれ、ペットとの車中生活を余儀なくされる被災者が見られた。また東京電力福島第1原発事故が発生した福島県では、警戒区域内に犬や猫などを残して避難し、餌不足で死なせてしまうケースがあった。

 同省は、ペットを家族の一員と捉え、「一緒に避難することが被災者の心の安定にもつながる」(動物愛護管理室)と判断し、避難所、仮設住宅での受け入れを自治体に要請することにした。


今後自治体側の対応に注目して行きたいです。


よろしければポチッにほんブログ村 その他ペットブログ ペット葬儀・ペット霊園へ全国ペット葬儀ブログ人気ランキング挑戦中


おおぞら 携帯電話用ホームページ

おおぞら パソコン用ホームページ

Posted by どうぶつセレモニーおおぞら | comments(2) -

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments
小野寺さん、またまたコメントありがとうございます。私共もいい方向性に向かっていると感じています。あとは小野寺さんおっしゃられますように、様々な角度から捉え、形にしていく必要があると思います。
動物の法律『動物の愛護及び管理に関する法律』に『愛護』と『管理』とあり、慈しみ可愛がる『愛護』だけでなく、飼い主責任が発生する『管理』も同等に謳われています。
目標達成のためには飼い主皆さんがこれを理解すればきっと『同行避難』もいい方向に向かうと思います。
是非実現に向けて今後もコメント下さい。
おおぞら | 2013/05/13 07:39
記事を読み心のどこかでホッとしてる私が居ます(^-^)vしかし皆が皆、動物好きとは限らないので受け入れてもらったかぎりには飼い主側もそれに応えるようマナーを守らなければなりませんよね!それは被災地だけではなく私達飼い主は皆同じなんですよね!
小野寺みどり | 2013/05/12 23:27









S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
おおぞらホームページへ
『どうぶつセレモニーおおぞら』のホームページへ
愛犬の年齢計算機
愛猫の年齢計算機
全国ペット葬儀ブログ ランキング挑戦中 ↓ ポチッとクリック
全国ペット葬儀・ペット霊園ブログへ
PROFILE
LINKS
OTHERS