<< ふくい南青山291 | home | トヨタドッグサークルによる熱中症対策 >>

災害発生時は原則としてペットと同行避難


今日NHKでこんなニュースが流れていました。

          ペットと一緒に避難を 新指針案

                   2013年5月6日 NHK NEWS WEB

原発事故によって立ち入りが制限された区域などで、多くの犬や猫が取り残されている問題を受けて、環境省は、災害発生時に飼い主とペットが一緒に避難できるようにするため、各自治体に保護計画を作るよう求める、新たな指針の案を取りまとめました。

原発事故で立ち入りが制限された福島県の警戒区域などでは、ほとんどの住民はペットを連れて避難することができず、今も多くのペットが取り残されたままとなっています。このため環境省は、災害が起きた際のペットの保護の在り方について、専門家を交えて検討を進めた結果、新たな指針の案をまとめました。それによりますと、災害発生時は原則として飼い主とペットは一緒に避難を行い、各自治体に、避難所や仮設住宅でペットの受け入れができるよう、事前に保護計画を作るよう求めるとしています。また、飼い主に対しては、日頃からの備えとして、ペット用の避難用品の準備や、避難所で人に迷惑がかからないための必要なしつけを求める内容も盛り込まれる見通しです。環境省は今月中にも指針を取りまとめ、各都道府県に通知する方針です。


とあります。

同行避難が進む一方、普段の備えやしつけなどの問題が発生してきます。現行法の7条でも『飼い主責任』が述べられています。両方の面で注目して行きたいです。


よろしければポチッにほんブログ村 その他ペットブログ ペット葬儀・ペット霊園へ全国ペット葬儀ブログ人気ランキング挑戦中


おおぞら 携帯電話用ホームページ

おおぞら パソコン用ホームページ


Posted by どうぶつセレモニーおおぞら | comments(2) -

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments
小野寺さんお久しぶりです。
本当の被災地を経験されている小野寺さんだけに言葉に重みがあります。しかしこういう展開になってきますと、まさに小野寺さんのような経験者の声が生きてくると思います。人とペットちゃんとの真の共生を目指し、是非また声を聞かせて下さい。
おおぞら | 2013/05/11 18:35
こんにちは!同行非難…今更遅い!と言いたい私ですが、世の中は人々の経験と知恵が集まって成り立ってるから今回の震災は被災の有無を問わず全てにいい経験になったと思います!これを機に人とペットが共に快適に過ごせるようになることを願います!
小野寺みどり | 2013/05/11 17:01









S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
おおぞらホームページへ
『どうぶつセレモニーおおぞら』のホームページへ
愛犬の年齢計算機
愛猫の年齢計算機
全国ペット葬儀ブログ ランキング挑戦中 ↓ ポチッとクリック
全国ペット葬儀・ペット霊園ブログへ
PROFILE
LINKS
OTHERS