<< 猫寺・御誕生寺(越前市) | home | 東日本大震災の一周忌追悼式典 >>

東日本大震災東京都動物救援本部


坂川です。先日、東京の「東日本大震災東京都動物救援本部」に見学と少しのお手伝いで行ってきました。この日は今年初雪で、気温も低く相当寒かったです。


場所は、東京都日野市で、東京都動物愛護相談センター多摩支所の隣りです。目の前には多摩川が流れていて、本当にのどかな場所でどこか福井を想い起こさせてくれる場所でした。


「東日本大震災東京都動物救援本部」は、

 社団法人 東京都家庭動物愛護協会
 社団法人 東京都獣医師会(事務局)
 財団法人 日本動物愛護協会
 公益社団法人 日本動物福祉協会
 公益社団法人 日本愛玩動物協会

で構成されています。

内容は

 東日本大震災により動物を飼育管理することが一時的に困難になった飼い主に対する動物の保護及び適正な飼育に関する情報提供

 東日本大震災により動物を飼育管理することが一時的に困難になった飼い主の所有する動物の一時的な飼育管理

 動物救護活動を円滑に行うための広報活動

言わばシェルターとしての役割もしています。


それでは見学に行きましょう


動物愛護相談センター多摩支所の入口を右に曲がり


頑丈に柵がしてあります。
鍵もワンちゃんやネコちゃんの
逸走防止のため頑丈にしてあります。

そして前に進み、、、

と、撮影はここまでです。
ここは東京都の建物、土地のため、撮影は禁止されています。

それでは少しだけでも、遠目から






中はすべて見学させて頂きました。想像していたものと違い、すごくキレイで清潔感がありました。そして随所随所に手作りがあり、皆さんの思いや愛で溢れているように感じました。

例えば、
 手作りのキャットウォーク
 手作りの収容室の仕切り
 収容されているワンちゃんやネコちゃんの似顔絵
 収容室の上のスペースを塞ぐ
 建物入口の二重ドア(逸走防止)

物資がすごくキレイに整頓されていました。パドック素晴らしかったです。
消毒が徹底されていました。そして何より、ボランティアさん、専門学校の学生さんが熱心に掃除や管理をされていました。学生さん一生懸命、世話や散歩に行っていました

と、いろいろ感想を書きましたが、見学だけしに行ったわけではありません。動物管理チーフにご指導頂き、ワンちゃんのお部屋2部屋を掃除させて頂きました

そして驚くことに、動物愛護管理法改正小委員会の先生もおられ、現在の動物愛護管理法改正の流れについていろいろ情報を頂き大変参考になりました。

この日は、見学と少しのお手伝い、すごく勉強させて頂いた1日でした。

東日本大震災が残した爪痕はまだまだ深く、飼い主さんと離れ離れになり、一緒に暮らすことの出来ないワンちゃんやネコちゃんはまだまだ数多くいます。「東日本大震災東京都動物救援本部」も福島県のシェルターが溢れ、こちらで収容している状況です。

関心のある方は、是非「東日本大震災東京都動物救援本部」のホームページをご覧下さい。


「東日本大震災東京都動物救援本部」
ホームページ

 

よろしければポチッにほんブログ村 その他ペットブログ ペット葬儀・ペット霊園へ全国ペット葬儀ブログ人気ランキング挑戦中


 おおぞら 携帯電話用ホームページ

 おおぞら パソコン用ホームページ

Posted by どうぶつセレモニーおおぞら | comments(0) -

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク | - -
comments









S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
おおぞらホームページへ
『どうぶつセレモニーおおぞら』のホームページへ
愛犬の年齢計算機
愛猫の年齢計算機
全国ペット葬儀ブログ ランキング挑戦中 ↓ ポチッとクリック
全国ペット葬儀・ペット霊園ブログへ
PROFILE
LINKS
OTHERS